花見やBBQは要注意!○○を飲んだ後は日焼けしやすくなる!

気候が良くなってきて、花見やバーベキューにピッタリのシーズンになってきましたね。 花見などではおを飲む人も多いかと思いますが、実は日中の屋外でお酒を飲むと、日焼けしやすくなるってご存じでしたか? 肌を守るために、アルコールと日焼けの関係性をチェックしておきましょう!



お酒を飲むと日焼けしやすくなる!

sunburn02
出典:www.ruan.co.jp

お酒を飲むと身体がポカポカしますよね? これは身体の血管が拡張して、血行が良くなるためです。

しかしこの時は肌が敏感になり、炎症を起こしやすい状態になります。 つまりお酒を飲みながら紫外線を浴びると、いつも以上に日焼けしやすくなったり、ヒリヒリ感が増してしまう、というわけなんです。



シミができる原因にも!!

sunburn03
出典:welbes.jp

肝臓には解毒作用があり、メラニン色素の排出させる機能があります。 しかしお酒を飲むと肝臓が疲れてしまい、その機能が正常に働かなくなります。

その結果、メラニン色素が残りやすくなり、シミができる原因になってしまうのです。



屋外でお酒を飲む時の対策方法

sunburn01
出典:usuge-kaiketu.net

屋外でお酒を飲む時は、いつも以上にしっかりとした紫外線対策を行いましょう。 以下のような方法を実践すると、紫外線ダメージを少しは軽くできますよ。

・日焼け止めを塗る(2~3時間経ったら塗り直す)
・パラソルや日傘をさす
・日陰で飲む
・ツバの広い帽子をかぶる
・長袖長ズボンを着用する
・ストールを首に巻く
・サングラスをする(目から入る紫外線を防ぐため)
・お酒は適量を心がける
・帰宅後は肌を冷やしたり、十分に保湿する
・ビタミンCを補給する



お酒を楽しみたいなら対策を忘れずに!

いかがでしたか? 屋外でお酒を飲むのは楽しいことですが、紫外線には十分に気をつけて、大切な素肌を守ってくださいね!



この記事を書いた人

tomaco

tomaco

女性の悩みを解決するために日々研究を重ねるフリーライター。趣味は居酒屋巡り・オンラインショッピング・ダイエット。アレルギー体質を糖質制限食で改善し、現在もゆるい糖質オフ生活を楽しみながら継続中。