●睡眠の新常識!寝る時間はゴールデンタイムじゃなくても良いらしい

「綺麗になりたいなら、午後10時~午前2時のゴールデンタイムに寝たほうが良い」と言われていますよね。 でも最近では、必ずしもゴールデンタイムを重視する必要はないと言われています。 それはどうしてなのか、睡眠の新常識とあわせて詳しく探ってみましょう!



寝る時間より「睡眠後3時間」が重要!

sleeptime
出典:192abc.com

睡眠中は肌を再生したり、髪の成長を促す成長ホルモンが多く分泌されています。 そのため、お肌や髪を綺麗に保つためには、しっかりと睡眠をとることが大切です。

なお、かつては「ゴールデンタイム(午後10時~午前2時)に成長ホルモンが多く分泌されるから、この時間帯に寝るのがベスト」と言われてきました。

しかしそれは誤解で、成長ホルモンの分泌量は睡眠の質に左右されます。 実は「睡眠後の3時間」にぐっすり寝るほうが、成長ホルモンを多く分泌できるのです!



良い睡眠をするためには?

sleeptime02
出典:sumarepi.jp

睡眠後3時間にぐっすり眠れるかどうかは、就寝前の行動で決まってきます。 以下のようなことに気をつけて、リラックスしながら眠れる習慣を身につけましょう。

・就寝前の2~3時間はスマホやPCを見ない
・食事は寝る3時間前に済ます
・寝酒をしない
・寝る1時間くらい前から部屋の照明を暗くする
・寝る時は部屋を真っ暗にする



睡眠は時間より質を重視して!

sleeptime03
出典:tabi-labo.com

いかがでしたか? ただしいくらゴールデンタイムにこだわる必要はないとは言え、夜更かししすぎるのは体内時計を狂わせてしまうのでNGです。 できれば0時頃には寝て、朝日で起きれる生活を心がけてくださいね!



この記事を書いた人

tomaco

tomaco

女性の悩みを解決するために日々研究を重ねるフリーライター。趣味は居酒屋巡り・オンラインショッピング・ダイエット。アレルギー体質を糖質制限食で改善し、現在もゆるい糖質オフ生活を楽しみながら継続中。