うるうる肌が24時間続く!「乾燥肌・徹底対策マニュアル」

「私は乾燥肌だから、お肌がカサつくのは仕方がない…」と諦めていませんか? でもちゃんと対策をすれば、乾燥肌でも24時間プルプルのうる肌を保つことができます。 気がつくとお肌がカサカサになっている方に向けて、乾燥肌改善する7つのスキンケアテクニックをご提案します!



乾燥肌改善スキンケアテクニック

1.朝洗顔は洗顔料を使わない

dryskin01
出典:hadalove.jp

乾燥肌なら、朝の洗顔は「ぬるま湯洗顔」か、「化粧水を含ませたコットンで優しく拭き取るだけ」がおすすめ。 夜の間に出た皮脂を適度に残すことで、肌の水分の蒸発を防ぐことができます。 なお、洗顔料を使わない場合でも、その後の保湿はしっかり行いましょう。



2.ファンデーションに乳液をプラス

dryskin02
出典:angie-life.jp

十分に保湿したら、次はメイクです。 ベースメイクにBBクリームやリキッドファンデを使っているなら、乳液を少し混ぜて保湿効果を高めましょう。 (美容オイルを1~2滴混ぜてもOK!) ちなみにパウダーファンデ派には、化粧下地に乳液を混ぜる方法がおすすめです。



3.あぶらとり紙は使わない

日中、「少しテカってきたな…」と思っても、皮脂を吸収しすぎるあぶらとり紙は使わないようにしましょう。 ティッシュで軽く抑えるぐらいが◎です!



4.カサついたら保湿し直す

dryskin03
出典:angie-life.jp

メイクをしている時でも、カサついたら保湿し直しましょう。 ただし化粧水だけだとかえって乾燥してしまうので要注意。 乳液をパフや手のひらで優しくつけてから、フェイスパウダーを重ねる方法がおすすめです。



5.クレンジングはW洗顔不要タイプで

帰宅したら、できるだけ早めにクレンジングと保湿をしましょう。 そしてクレンジング料は、W洗顔不要タイプを選ぶと◎。 W洗顔しないことで、肌の潤いを守ることができます。



6.お風呂では洗顔を一番最後に

dryskin05
出典:belta-cafe.jp

お風呂で一番始めに顔を洗ってしまうと、入浴中にどんどん乾燥していってしまいます。 潤いを逃さないために、洗顔は一番最後に行いましょう。 なお、入浴前にクレンジング済みの場合は、ぬるま湯でサッと汗を流すだけで十分ですよ。



7.室内を加湿する

dryskin04
出典:tokotonshirabe.site

室内の乾燥は、お肌の大敵です。乾燥する季節は加湿器をつけて、湿度を60%程度に保っておきましょう。 また、寝る時はできるだけエアコンを消しましょう。



丁寧な保湿でうる肌キープ!

いかがでしたか? 乾燥トラブルを防ぐためには、肌をこまめに保湿することが大切です。 ただし肌をこすりすぎるとかえって乾燥させてしまうので、乱暴に保湿したり、保湿回数をむやみに増やすことは避けてくださいね。 自分の肌と相談しながら、優しく適切なスキンケアを続けていきましょう!



この記事を書いた人

tomaco

tomaco

女性の悩みを解決するために日々研究を重ねるフリーライター。趣味は居酒屋巡り・オンラインショッピング・ダイエット。アレルギー体質を糖質制限食で改善し、現在もゆるい糖質オフ生活を楽しみながら継続中。